日本料理 龍吟

龍吟 “ふぐ尽くし” 冬物語

私共、日本料理 龍吟は2023年12月をもちまして開店20周年を迎える事となりました。
今日まで龍吟に足を運んで下さった皆様には、20年の御愛顧を頂き、心より御礼申し上げます。
この度20周年を記念し私共は “日本料理 龍吟の冬” を一新いたします。
龍吟の “冬” と言えば、やはり 5kgアップの “天然トラふぐ” …。


これまで冬の短い間だけ、特別コースとして『ふぐコース』を作り続けて参りましたが、
2024年1月中旬より “龍吟の冬” は、“ふぐ尽くしコース”1本だけの営業に変わります。


龍吟代表 山本が最も愛する魚…。
そして、お客様に向き合い、最もこれを御披露したかった20年の全ての想いを賭けて…。


極上天然トラフグを、厳しく選定し龍吟に集結させた “ふぐ尽くしコース” 1本のみでの営業は、2024年1月中旬〜3月末日までとなります。
キッチンならびにサービスチーム一同、一丸となって手間暇 惜しまず全力で5kgアップの “天然トラふぐ”の
未だ知られざる贅沢を一年のうちの2ヶ月半だけ披露して参ります。


是非一度、『ふぐ屋じゃない日本料理屋』が懐石の精神で『ふぐ』に向き合った “ふぐコース” を存分に堪能してください。


龍吟ふぐコース  お一人様 ¥77.000(税込)

通常コース(お一人様 ¥44.000税込)は4月より再開いたします。春爛漫の華やかな魅力を秘めた自然環境の豊かさを披露して参ります。





Chef山本と6kgのトラふぐ…

龍吟の“ふぐの仕立て”は 20年の時を経て無数にございます。
 その中の一部をお見せいたします。







ふぐのウェルカムプレートでお迎えします

ふぐの出汁
極上スープです

一口串揚げ
甘酸っぱい仕立て…

焼白子と黒トリュフ“椀”
上品な白味噌仕立てに…

白子の香煎揚げ…

てっさ…
絶対 厚引き!

ヒレが大きい…
香ばしさも しっかりと…

炭火で炙ってヒレ酒…

琥珀色の極上ヒレ酒

白子も大きいですね

鉄板にて 熱々“焼白子”
醤油焼バージョン

“ふぐ曼荼羅”
様々な希少部位を少しずつ…
ヒレ酒と チビチビやって下さい

様々な部位…
これは炭火で “焼ふぐ” に…

唐揚げ…
と言うか…
“骨付きフライドふぐ” !
一番人気です

ふぐ湯豆腐 龍吟仕立て…
てっちりを少しだけ食べたい時に…

ふぐ雑炊…。もちろん白子入り
皮のゼラチン質がトロリとした
舌ざわりを生み出します
玉子でとじて…

コース以外にも様々な仕立てがあり、スペシャリテの一部を紹介します

ふぐの皮、とおとうみ、身皮
てっさ身、あん肝のポン酢和え

そこに炭火で焼いた
焼白子を崩してからませます

小鍋で仕立てで 一人用
“てっちり” も出来ます
柚子の香りと共に

名物 ふぐラーメン

ふぐ料理の『概念』と『王道の型』を破るイケナイ愉しみを、遊び心を織り交ぜて、本気で真面目に お届けします。
美食の一時は、心を満たすラグジュアリーな貴重な瞬間…。
その数時間を龍吟に預けてください。